優愛保険企画

人生の傘

人生の傘

私の生命保険の考え方

私は生命保険の販売は、人生の傘を売る人だと思います。   画像の説明


20代の独身の方が傘が必要だと思って、私から傘を買ってくださる。


その時に私が用意する傘は、一人が入ればいいわけです。
(ビーチパラソルのような大きな傘は必要ないと思います)


そして何かあった時には私がその傘をさしてお客様を守ればよいのです。
(信頼できるアドバイザー)


結婚をして、お二人で入れる傘が必要になった時は
少し大きめのお二人で入れる傘を用意するのが私の役目です。


お子様が生まれたら、私はそのご家族にあった大きさの傘を考え準備します。


天気の良いときは傘を持っていることが邪魔に思うかもしれませんが、
いざという時にはこんなに役立つものはないということです。


傘というのは雨が降った時にしかさしませんが
雨はいつ降ってくるかわかりません。


天気予報がはずれるように、人生にも想定外の災難は起こりうるものです。
雨だ!と思ってパッと傘をさしたら、ボロボロで穴があいていたというのでは
その傘は何の役にも立ちません。


私はお客様の傘を、いつでもさせるようにメンテナンスしていく責任があるのです。

それがお客様にとっての必要な「人生の傘」と信じているから

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional